長州砲とは、幕末期に長州藩(山口県)が製造した青銅製を中心とする大砲の総称。和式と洋式の2種類あり、砲身は約1-4メートル、最大射程は約1キロ、重さは1-4トン。砲身に唐草模様や、毛利家の家紋「一文字に3つ星」が刻印されたものもある。江戸湾警護や、下関での英国やフランスなどの連合艦隊への攻撃にも使われた。英王立大砲博物館やフランス・パリの廃兵院に現存するほか、フランス政府から永久貸与されたものが長府博物館(下関市)に展示されている。

長州砲(八十斤加農(カノン)砲




関門海峡に筒先を向けた長州砲のレプリカ(下関市みもすそ川公園)

文久3年(1863)5月から6月にかけて、長州藩は関門海峡を通る外国船を5回にわたって砲撃した(攘夷戦)。翌年8月、アメリカ・イギリス・フランス・オランダの四国連合艦隊17隻が報復のため下関にやってきた。海峡の最も狭い所に築かれたこの壇之浦砲台は、前田砲台と共に重要な役割を果たしたが、連合艦隊に大敗し、すべての砲台が占領・破壊された。外国の進んだ軍備にめざめた長州藩は、開国・倒幕へと転換し、明治維新を実現する原動力となった。
長州藩の主力となった加農砲(カノン砲)は青銅製の大砲で、球形の弾丸を発射し、目標を打ち抜いて損害を与えるものだったが、連合艦隊の新しい大砲は距離・威力ともにはるかにすぐれたものだった。
この大砲は、幕末に数多くの大砲を鋳造していた長州藩の安尾家に伝わる20分の1の模型(下関市立長府博物館蔵)を参考に、原寸大に復元したレプリカ(FRP製)です。砲身に刻まれた文字は、パリのアンヴァリッド軍事博物館が所蔵している、これとほぼ同型の長州製青銅砲の砲身を模刻している。
*通常は1斤=16両=160匁(もんめ:3.75g)とされる。
<長州砲概要>
・門 数: 5門
・大きさ: 3門:最大長 6.68m  最大幅 2.6m  高さ 3.52m
2門:最大長 5.98m  最大幅 2.6m  高さ 2.92m
・砲 身: 全長 3.56m  口径 20.0㎝
・素 材: FRP(繊維強化プラスチック)

天保製長州砲

幕末、関門海峡での6次にわたる攘夷戦は、元治元年(1864)8月、長州藩兵と英・仏・蘭・米4カ国連合艦隊との交戦をもって終結したが、同時にこれは明治維新の具体的始動につながった。この歴史的事件で下関海岸砲台に装備された長州藩の、すべて戦利品として外国に運び去られ国内から姿を消していた。
昭和41年(1966)年春、渡欧中の作家古川薫氏がパリ・アンヴィリッド博物館に保管されている攘夷戦長州砲を発見、以来返還運動が進められたが実現困難のところ、郷土出身の外務大臣安倍晋太郎氏の努力とフランス政府の好意によって1984年6月、貸与の形式で里帰りを見るに到った。この機会に下関東ロータリークラブでは、フランス政府の了解を得、創立20周年記念事業として、これを原寸大かつ精密に模造し下関市に寄贈した。
同長州砲は天保15年(1844)萩藩の鉄砲家郡司喜平治信安の手になるもので、幕末日本人の対外危機感を象徴する歴史的逸品である。

長州藩の大砲の行方は?

下関戦争で使用された長州藩の大砲は、戦利品として連合軍に持ち去られました。その数は、イギリスの資料によれば62門にのぼります。これらの大砲の多くは、溶かされたり、紛失したとみられています。しかし、作家の古川薫氏などの熱心な探索により、参戦した各国にその一部が残されていることがわかっています(イギリス-ロンドン大砲博物館、フランス-パリのアンブリッド軍事博物館、アメリカ-ワシントン海軍基地、オランダ-アムステルダム国立美術館)。このうちフランスパリのアンブリッド軍事博物館にあった一門は、関係者の尽力により貸与のかたちで里帰りし、現在、下関市立長府博物館に展示されています。
また、壇浦砲台が設置された関門橋付近の海沿いにあるみもすそ川公園には、筒先を関門海峡に向けた長州砲のレプリカが並んでいます。
出典:https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a19300/ishinshi/topics04.html

大砲はどこで作られた?

使用された大砲の多くは萩藩の鋳物師郡司家を中心に鋳造されました。具体的には、萩松本の郡司鋳造所や沖原鋳造所、長府、小郡、萩藩江戸砂村別邸(東京都葛飾区)などで製作されました。長府博物館に展示中のアンブリッド軍事博物館の大砲には「郡司喜平治信安作」の銘があり、萩松本で郡司喜平治によって製作されたことがわかります。
郡司家は当初和式大砲を製作していましたが、幕末期にはより性能の高い洋式大砲の製作に精力的に取り組みました。近年萩市松本の郡司鋳造所跡の発掘調査が行われ、大砲を鋳造した遺構や鋳型などがみつかりました。大砲を鋳造した遺構は、高さ4m以上のコの字形の石組みと中に設置された木組みからなり、中から砲身の鋳型の一部がみつかりました。石組みの中央に分割された筒形の砲身鋳型を積み、石組み上のこしき炉から溶かした青銅を流し込んだものとみられています。
現在、遺構は隣接地に移築復元され、大砲のレプリカも設置され、史跡公園として整備・公開されています。
出典:https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a19300/ishinshi/topics04.html