長州鋳物記念館は、防府市ふるさと納税クラウドファンディング「KAIKA」の支援と防府天満宮所有の古民家をお借りし、2020年4月にオープンいたしました。改装と商品開発は、防府商工高校の生徒さんにご協力いただき、『鋳物の町 防府』を地域のご協力をいただき取り組んできました。

かつて、産業として栄えていた防府市の鋳造業は衰退の一途を辿り、鋳造業の多くは鉄工業へ業種変更や、海外工場ヘ移行、閉鎖となりました。

現在は、一部の企業のみが伝承をしている状況となりました。

しかし、『塩鉄を制するものは天下を制す!』という言葉があるように、国家の繁栄には欠かすことができないのが、塩と鉄でした。

防府市には、鋳造業と三田尻塩田が栄えていた地域であり、『国衙』がありました。

そして、日本で最初で最古の日本三大天満宮のひとつ『防府天満宮』があります。

この防府市がとても栄えていた地域だったことがこのような歴史からうかがい知ることができます。

私たちは、細々と受け継ぎ残してきたこの鋳造業、この地域に眠っている資源を再度掘り起こし、多くの方に知っていただく機会を設けようと、長州鋳物記念館を設立いたしました。

時代が大きく移り変わる昨今ですが、再度、ものづくりの原点回帰へ。

大量消費、大量廃棄ではない、究極のリサイクルである鋳物の良さを広く知っていただきたいと思います。

長州鋳物記念館 Access Map Access Map