江戸時代
防府市の鋳物師塚本長左衛門信久が萩の長州藩に召し出されました。

防府市の鋳物技術によって鍋・釜・風呂釜などから、洪鐘・半鐘などを鋳造されました。